暗黒物質さんの小説

【毛糸の国の大騒動】第12話「食べ物にしか目がないヤツVSお宝にしか目がないヤツ」


ストロンはバカである。

ストロン「そうなんだモ! 別にカービィについていけば新しいお宝が見つかるかもとか、今までこの世界のお宝を全部横取りしてたとか、そんなこと全然ないんだモ!!」

ドロッチェ「!!!!」

ドロッチェの思考回路が止まる。

カービィ「なん…だと…」

ドロッチェ「いっいやっ、違うんだ! おいストロン何言って……」

ドロッチェが必死で否定するが、カービィの両目には「殺」という文字が浮かんでいる。

カービィ「言い訳無用じゃーーーーーーーーーい!!!!」

カービィはパラソルを持ってドロッチェに突撃していく。

グーイ「それまだ持ってたの!?」


ガギィィィィン!!!!


ドロッチェ「ちっ…」

ドロッチェは星のマークの付いた杖でカービィの攻撃を防ぐ。

カービィ「…トリプルスター!」
ドロッチェ「…バレちゃしょうがない!」

カービィ・ドロッチェ「勝負だ!!」


食べ物バカVSお宝バカ、開幕。


ストロン達「頑張れ団長ー!!」

フラッフ「なんか始まったよ」

カービィの起こす「ノリ」にも徐々に慣れてきた様子のフラッフ。

ワドルディ「のんびり観てようッス」
グーイ「じゃあ実況でもしようよ」
ワドルディ「いいッスね。それ」





グーイ「……さて始まりました!! 第3回、カービィさんVSドロッチェーーー!!!」
グーイ「実況は私グーイ、解説はワドルディさんでお送り致します。ワドルディさん、よろしくお願いします」
ワドルディ「よろしくお願いします」
フラッフ「なんか始まった!」
グーイ「さあワドルディさん、今回の戦いどのようにご覧になられますか?」
ワドルディ「お腹空いた」
フラッフ「解説バカだー!」

ドロッチェ「くらえ! 無限スターアタック!」

ドロッチェが杖を振ると、空から大きな星が無数にカービィ目掛けて飛んでくる。

グーイ「おーっと! ドロッチェ、序盤からいきなり無限スターアタックだー!」
ワドルディ「この攻撃はつまりあれですね。あのー…。まああれですよ」
フラッフ「やっぱり解説バカだー!」

カービィ「なんの、パラソルバリアーっ!!」

カービィはパラソルを開き、盾の様にして防いだ。

グーイ「おおっ! カービィさん、これを上手く防いだー!!」

ドロッチェ「やっぱりそう来たか…」

ドロッチェは防がれることを予測していたかのように、不敵に笑った。
そして杖を持っている手とは逆の左手で、マントからまた杖を取り出した。

グーイ「あーっとドロッチェ! ここで新たな杖を取り出したー!」
ワドルディ「あれは美しい漆塗りの杖ですね。先端に付いている大きな丸いオブジェがより漆の美しさを引き立てます。杖の状態を見てみるに、かなり使い込んでいるようですが、杖の表面にはほとんど傷が見られませんね。これは漆の特徴である……」
フラッフ「やたら漆に詳しい!! でも意味ないー!」

ドロッチェ「隙有りだ! くらえ、アイスレーザー!!」

ドロッチェは大きく振りかぶり、杖から巨大なレーザーを放った。
レーザーは地面を凍らせながらカービィに向かって行く。

グーイ「アイスレーザーだー! カービィさん、これはかわせないかー!?」
ワドルディ「……であり、これも漆の大きな特徴の一つです。漆の歴史は約3000年にも及び、縄文時代から……」
フラッフ「まだ漆の解説やってたー!!」

カービィは次から次へと飛んでくる星を防ぐので精一杯だ。

カービィ「ダメだ…、避けられない…っ!」

グーイ「カービィさん、避けられないか!!」
ワドルディ「漆は皮膚に触れるとかぶれたりする恐れがありますが……」
フラッフ「もういいって!!」


ドロッチェ「終わったな」





カービィ「うわああああああああああああ!!!!!」



ズガァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!


巨大なアイスレーザーがカービィに直撃した。

グーイ「あーっと! カービィさん、直撃だー!!」
フラッフ「カービィ!!」

ドロッチェ「ふん、コピーが使えないお前はこの程度か…」

レーザーがカービィに当たった衝撃で発生した霧が徐々に晴れていく。

しかしそこに倒れていたのは、ワドルディだった。

ワドルディ「ッス……」

ドロッチェ「何……っ!?」

ドロッチェの顔が、勝利を確信していた顔から焦りの顔へと変わる。

グーイ「おーっと! これはどういうことだ―! レーザーが当たったのはカービィさんではなかったのかー!?」

ドロッチェ「くそ…っ! どこへ行った!」

ドロッチェは辺りを見回すが、どこにもカービィの姿はない。

ストロン「だっ! 団長! 上だモ!!」

ストロンが上空を指差しながら言う。

ドロッチェ「まさか…っ!」

ドロッチェが瞬時に上を見上げるが、遅すぎた。




カービィ「おりゃああああああああああああああ!!!!!!!!!」
ドロッチェ「!!!!」

ドガアァァッッッッッッ!!!!!!



カービィのパラソルがドロッチェの頭上に思い切り振り下ろされた。

カービィは瞬時にワドルディを身代りにし、ドロッチェが勝利したと思い込んで油断した一瞬の隙を突き、上空へ飛んだのだ。

ドロッチェ「ぐ……あ……」

ドロッチェはよろめき、倒れた。

グーイ「決まったーー!! 勝者は! カービィさーーーん!!」
フラッフ「さすがカービィ!!」

ドロッチェ「くそ……」
カービィ「早く俺の前から消えな。俺の気が変わらねぇうちに」
フラッフ「口調がかっこいいー!」

しかしドロッチェは最後の最後で足掻きを見せた。

ドロッチェ「く……じゃ、じゃあ一緒に探さないか?」
カービィ「何?」
ドロッチェ「一緒にお宝を探そうぜ? 見つけたお宝は二人で山分けしてさ……」

またカービィの両目に「殺」の文字が浮かぶ。

ドロッチェ「えっ…!?」
カービィ「そう言われて騙され続けて35年、もう騙されんぞー!!」
フラッフ「そんなに!?」

カービィがパワシルを持って大きく振りかぶる。

ドロッチェ「まっ、待て…っ!!」
カービィ「第一、食べ物は全部僕んだーーーーーー!!!!!!!」


カキィィィィィィィィィィィィィィィン!!!!


ドロッチェ「うわああああああああああああ………!!」


キラーン


ドロッチェはお星様になった。

カービィ「ギロッ!」
ストロン達「ひっ!!」

カービィはストロン達を睨みつける。

カービィ「お前らもじゃああああああ!!!!」
ストロン達「ひぃぃぃぃぃ!!!!!!」


カキィィィィィィィィィィン!!


キラーン


ストロン達もお星様になった。






第13話に続く!!
page view: 1234
この小説を評価する:                   (0)