つばささんの小説

【銀河にねがいを☆彡】11.next hotbeat


 
もう何日も夜の明けないポップスターはひっそりと静まりかえり、誰もが朝を待ち望んでいた。
バタービルディングという大きな塔のてっぺんで、マルクは黒い鏡を持ち誰かと対話している。

「よくもっ、よくも邪魔してくれたのサ!!カービィめぇ〜〜!」
マルクは憤慨した。
『何かいい手だてはないのか?マルクよ。』
真っ黒な鏡の中に赤い目玉が現れ、マルクに話しかけた。
「でも今ボクが出ていってカービィにやられたら元も子もないし〜〜。もう!こうなったらムカツク住民どもを皆殺しにして、その魂を集めて星を結ぶのサ!!」
マルクは叫んだ。
『それはそれで面白そうだが…お前にそんな高度な魔法が使えるか?今でも事実失敗しているではないか。アクアリスはカービィどもに邪魔されなかったとしてもビームが足りなくて結ばれなかった。』
黒い鏡が言った。
「もう!じゃあどうすればいいのサっ!」
 
page view: 747
この小説を評価する:                   (5)