松ちゃんさんの小説

【KHK学園物語】第2話 運動会にむけて


シャ「あと、1ヶ月で運動会なのでみんな張り切って準備するように。以上」
マ「では、これで朝会を終わりにするのサ。礼!」
教室で
アド「今日は、二年生と一緒に運動会にむけてリレーの練習をするよね?」
リボ「そうだよ。あっ、もういかなきゃ。」        アド「ついた〜〜〜。はぁはぁ」
グウィ「遅い。罰としてグラウンド50周。」リボ&アド「えー。」
グウィ「文句なしに走る。」
リボ&アド「は〜〜い。」そのままグラウンドへ
グウィ「それにしても、まだ足りない。どうしたんだ?」
ジョー「先生〜女子が〜1人休んでいるそうです。」
グウィ「そうか、女子は男子より1人多かったから、男 女 男 女と交互に並べ〜♪」パワ「先生〜女子が2人グラウンドで走ってま〜す♪」
グウィ「そうか、だったらこうやって並べ〜!男 女 男 男 女 男 女(たんたん♪)男 女 男 男 女 男 女♪」
リボ&アド「終わった〜。」
グウィ「よし、やっぱり交互に並べ〜!」
リボ&アド「えっ、なに?」
その後のグランドウィリーによるリレーの練習によって、リボンとアドレーヌは保健室行きになったらしい……。
page view: 877
この小説を評価する:                   (0)