松ちゃんさんの小説

【KHK学園物語】第1話 始業式


マ「え〜〜〜、これから始業式を始める。まず最初に校長先生からの話。」
シャ「え〜〜〜、我が学園はカラオケが命。よく歌うように。質問は?」
アド「どんな歌を歌えばいいですか?」
2、3年「やばい、耳ふさげ!」
一年「えっ、まさかオンチ!」
シャ「いい質問だ。例えばこの曲。」
2、3年「くるぞ。」
シャ「拝啓〜この手紙〜読んで〜いるあなたは〜〜♪」
一年「上手いじゃん。」
シャ「(サビまで省略)うぃ〜ば〜がゃげぞうで〜みゃげぞうで〜〜♪」
一年「耳が〜〜〜〜!」
2、3年「校長サビだけオンチなんだよね……。」
そのまま一年生は全員保健室に運ばれ、目が覚めた一年生たちはアドレーヌをしばらくのあいだ襲われたらしい………。」
page view: 843
この小説を評価する:                   (0)