シュールさんの小説

【星のカービィ銀河の巨星ゼロスリー!?】第7話闇空のマウス


あらすじ:ダークリムロ「俺はあの方の命を受けてカービィを消そうとリゾートに降りたった・・・が、さすが弟を退けた奴らだ・・・簡単には消させてくれなさそうだ。あの方の言う星の戦士の力、見せてもらうぞ・・・!」
_________________________________________________________
ダークリムロ「来い・・・お前の本気を見せてみろ」
カービイは光輝く杖をリムロに向けます。
カービィ「はどうビーム!!」
杖から大きな光の塊が回転しながらリムロに飛んで行きます。
ダークリムロ「ふっ、だが甘いぞ・・・」
ブンッ・・・
リムロが振った左手によってビームがかき消されました。
ダークリムロ「消えるがいい・・・!!」
リムロの右腕に巨大な塊が形成されます。
カービィ「ポヨ・・・!」
ダークリムロ「ハッ!」カービィに投げつけます。
カービィ「サイクルビーム!」
カービィは電気のムチを新体操のようにしならせ、塊を包みます。
ダークリムロ「塊を捕まえた・・・?」
カービィは動き回る塊にビームを絡ませ、動きを制御します。
メタナイト「カービィ!」
フーム「カービィ!今よ!」
カービィ「ポヨッ!」
カービィは黒い塊を杖の前に引き寄せ・・・。
カービィ「はどうビーム!!」
ダークリムロ「なにっ?」
黒く大きな塊と、カービィのビームが融合し、威力が跳ね上がります。
ドゴォォーーーーン!!
ブン「やったぁ!」
ダークリムロ「ぐっ・・・なんという威力だ・・・」
カービィ「ポヨッ!」
カービィは空中でうずくまるリムロを見ながら、誇らしげに鼻をこすります。
ダークリムロ「しかしな・・・俺はリムルとは違うんだ!」
立ち込める煙を切り裂きながら、カービィに突撃します。
ドゴンッ!
カービィ「ポヨーッ!」寸前で避けます
ダークリムロ「おっと・・・外したか」カービィのほうに爪を向けます。
カービィ「ポヨ!」カービィも杖を向けます。
ダークリムロ「今度は外さん・・・」
リムロはまた空中へと位置をもどします。
カービィ「はどうビーム!」
ダークリムロ「うおおお!」
ビューン!
カービィの強力なビームの塊を突き抜けてリムロが飛んできます。
カービィ「ポヨー!!」カービィは吹き飛ばされました。
ダークリムロ「フンッ・・・」
フーム「ああ・・・」
体制を立て直したリムロはまた宙に浮き、後方に移動します。
ダークリムロ「これを喰らった奴が立ったのを見たことがないんだが・・・お前はどうだ?」
そう言いながら万歳のような体制をとり、周りの黒いほこりのようなものを蓄え、どす黒いオーラを蓄えます。
カービィ「ポヨ・・・」立ち上がったカービィは隕石のようになったオーラを見て愕然とします。
ドク「いててて・・・」ふらふら〜とUFOがとんできます。
ドク「カービィ、なにか得体の知れない技が来るぞ!私の機体の下部にアームを伸ばしておくから、その技がきたら掴むんじゃ!」
カービィ「ポヨッ!」
ドクは通りの中央にUFOを停泊させます
ダークリムロ「消えろ!」
メタナイト「危ないっ!」
メタナイトはフームとブン二人を抱えて非難しました。
バシュウ!!
リムロは溜まりきったオーラを地面に叩きつけ、巨大な漆黒の波を発生させます。
ゴォォォォオォォォオォォォォオォオォォ!!
カービィから見て左にある店の近くにあるパラソルはすべて吹き飛ばされ、カービィから見て右にあるビーチ(砂浜の見える位置ではない)は大シケのようです。
ドク「さあ、いまじゃぞ!」
カービィ「ポーヨー!!」
ガシッ
一気にUFOは上昇します・・・
ゴゴゴゴゴ・・・
ダークリムロ「こいつ(ドロッチェ)の手下に救われたか・・・しかしこのままじゃラチがあかん」

カービィ「ポヨ・・・」
ドク「カービィ、乗りなさい」
アームが下からしまわれ、カービィは下からUFOの中に入れてもらいました。
カービィ「ポヨ?」

ダークリムロ「UFOに乗ってどうするつもりだ・・・?」

ドク「いいか?ゴニョゴニョ・・・わかったか?年老いたわしよりあんたのほうがずっとうまく操作できるじゃろ」
カービィ「ポヨ!」

ダークリムロ「世迷い言を・・・」

カービィ「ポヨ〜!」

ダークリムロ「!?」
UFOからミサイルが発射されました。
ズドォォォォン!

ダークリムロ「なんだと・・・?」

ドク「うむ、その調子だ。あとは教えた通りにやればいい」

ダークリムロ「こざかしい・・・」リムロは右腕をUFOに向けます・・・が、
ダークリムロ「なにっ!どうなっている!?」
リムロが驚いたのも無理もありません。

ドク「おお、周りが晴れていく!」

リムロは呼び寄せた黒い物質を全て使い切ってしまったのか、周りの景色がみるみる戻っていきます。
リムロ「・・・フッ、」バッ!
リムロは入り組んだ町の方向へ逃げていきます。

ドク「あ、逃げますぞ!」
カービィ「ポヨー!」

ダークリムロ(まずい・・・体が・・・!!)
リムロの黒く霧状の本体がドロッチェの顔から半分以上出ています。
ダークリムロ(くっ・・・)
ミサイルを受けたダメージでドロッチェの体を乗っ取ることができなくなったのでしょう。

ドク「追うぞ!」
カービィ「ポヨーーー!!」


ダークリムロ「くそ・・・帰り道はどこだ・・・」
ドク「奴がどこかへ行ってしまう前にミサイルでとどめを刺すんじゃ・・・!」
カービィはリムロを追います。
カービィ「ポヨッ!」
ボンッ!街中を逃げ惑うリムロにミサイルを発射します。

ダークリムロ「っ・・・!」ズドーン!
リムロの体は今にも蒸発しそうです。

ドク「ええい!もっと撃て!」
カービィ「ポヨ!」ボンッボンッ!!
ヒューーーーン・・・

2発のミサイルが飛んできます。
ダークリムロ「この・・・俺様が!!」
(ファ・・スタ・・・か・・・う)
ダークリムロ「!?」
(ファイナルスターへ帰してやろう)
ドゴオオオオオオオオオオン!!!
パラパラパラ・・・
ドク「やったか・・・!?」
パラパラパラ・・・・シュオオオオッ・・・
ドク「あれは異次元空間!やつは逃げおったか・・・・」
カービィ「ポヨー・・・」
ドロッチェはその場に倒れこみました。
ドクは広場にUFOを停めます。
フーム「カービィ!!」
カービィ「ポヨ・・・」
メタナイト「うーむ・・・やつを取り逃がしてしまったのか…」
ブン「まあいいじゃねえか!次来た時にぶっ飛ばせばいいんだ!」
フーム「カービィ、別に気にすることじゃないじゃない!」
カービィ「ポヨー・・・」
メタナイト「そういえば、最近ワープスターを使っていなかったな」
フーム「そうよね・・・あれはカービィの元気の源だものね!」
カービィ「ポヨー・・・」
メタナイト「どうやら奴の放った「邪悪な物質」を受け続けたようだな・・・」
ブン「なんだそれ?」
メタナイト「これは銀河戦士団の話だが、その昔・・・ゼロの手下が黒い塊のようなものを投げつけてきたんだ」
フーム「それって・・・さっきリムロの投げていたものじゃ・・・?」
メタナイト「そうだ。あれには当てた者の元気、そして体力、気力などを消してしまう毒のような効果がある。カービィの場合、それを抜くにはやはりワープスターを使うしかないな・・・」
フーム「そうね・・・よし、ワープスター!!」



カブーの谷では…
イロー「はあ・・・フーム達はどこに行ったんだろうな」
ハニー「そうよね、」
ホッヘ「なんかサンシャインリゾートに行くとか言ってたぜ」
イロー「ええ!いいよな〜・・・」
カブー「ワープスター!!」
3人「!?」
ヒューーーーン!!
イロー「・・・・あっちも大変なのかな…」



カービィ「ポヨー!ポヨ!!」
フーム「ふう、やっぱりワープスターを近づければよかったのね」
カービィ「ポヨィ!」
メタナイト「今後、このようなことになったらこれを使うといい、」
そう言ってメタナイトは中が光った瓶を取り出しました。
フーム「なにこれ?」
メタナイト「ワープスターの光を集めた瓶だ、いずれは必要になると思ってな。これをカービィの口の中に入れれば邪悪な物質も消え去るだろう」
フーム「早く出しなさいよー…」
メタナイト「はっはっは、すまなかった」
一同に笑顔の色が見えました。




ダーク「ふう、まだか?例のプププランドまでいつまでかかる?」
ウォッカ「もうすぐでしょう」無線機から声が流れています。
ダーク「本当にプププランドにあるのか?俺様の体は」
ウォッカ「あると思いますよ、きっと」
ダーク「まあお前のカクテルがそう示したのなら大丈夫だろうな」
ガタン!!
ダーク「!?」
魔獣「キシャアアアアアア!!」
ダーク「まじい・・・・」窓から数体の蜘蛛のような魔獣が出てきました。

続く








page view: 1338
この小説を評価する:                   (5)