シュールさんの小説

【星のカービィ銀河の巨星ゼロスリー!?】第5話懲りないネズミたち


あらすじ:第4話より
カービィ「ポイ!、ポポイ!、ポイポイ!!」
フーム「さぁカービィ、私に代わりなさい。突如、私達に襲いかかってきたのはなんと有名な盗賊団の一人、スピンだったの!。一度捕まったってニュースで言ってたけど、懲りてないのかしらね…。
後にも先にもテレビのまともなニュースはあれだあけだったわ・・・。
おっと、しかも私たちの目の前にはドッチェ団が集まってるし・・・どうなるのかしら・・・」
カービィ「ポヨ・・・?」
____________________________________________
ドロッチェ「久しぶりだな、カービィ」
フーム「一度捕まったって報道がでてたのに、まだこんなことしてるのね!」
カービィ「ポヨ!」
ドロッチェ「なんだい、初対面の癖に。・・・捕まってもやめられないねえ。こっちも盗みで食ってるんだ。残念だがやめるわけにゃいかねぇんだ」
フーム「で・・・なんでこんなところに盗賊団のあなたたちがいるの?」
ドロッチェ「それはな・・・俺はここで行われるサーフィン大会を見に早朝からはるばるここへやってきたんだ、すると黒いやつらが高そうな箱を持ってこの町に降り立ったのを見たのさ!」
フーム「!!なんですって!?」
ドロッチェ「そういえばあんたらに送りつけた手紙、見なかったか?」
フーム「あなたたちの手紙だったのね・・・」
ドロッチェ「黒いやつらはカービィがなんたらとか言ってたし、あいつらの目的が知りたくて、手紙でカービィをここに来させようととしたんだが最後に名前を書くのを忘れてしまっていたのさ・・・」
フーム「たく、まあいいわ。ただ町の人から奪ったものを返しなさい!」
スピン「チュチュチュ!!」
ドロッチェ「ったく・・・しかたないな。スピン、あのうるさい女の言うとおりだ、返してやれ」
スピン「チュ!」スピンは首を縦に振ってから町の人に所へ行ったようです。
フーム(うるさい女ですって…?)
ドロッチェ「だいたい、俺は盗んでこいなんて頼んでねえよ!ったく・・・」
スピン「チュウ・・・」
ストロン「まあまあ許してやるもー」
ドク「ドロッチェ様、私のレーダーが黒いやつらの気配を察知しました!」
UFOに乗っているドクは操縦席の画面を見ながら言いました。
ドロッチェ「わかった、すぐにそこへ向かうぞ!。じゃあな、お前ら」
フーム「あ、こら!待ちなさいよ!!」
スピン「チュー!!」
スピンが待ってといわんばかりにフームの後ろからドロッチェ達を追っかけます。
カービィ「ポヨ・・・」
カービィはドロッチェ団の後姿を何かが起こりそうだ、という目で見ました。



ウォッカ「ふう・・・しゃべれますか?」
足元に落ちている赤い腕輪に向かってウォッカが話します。
ダーク「・・・くそ!!なんて窮屈なんだ!!」赤い腕輪は独りでに飛び跳ねます。
ウォッカ「我慢してくださいよ、あの一つ目の化け物に吸収されるよりかはずっとましでしょう、」
ダーク「くそ・・・俺としたことが・・・!!これじゃあゼロに吸収された人間達を助けることができねえ!」
ウォッカ「誰にだってミスはあります。ただあの時私がミスをしていたら、あなたは吸収されていたでしょうね」
ダーク「おい、俺をこの腕輪の中に入れたカクテルはなんだ」
ウォッカ「「カービィ」といいます。実態の無い物質でもこのカクテルの中に吸い寄せ、何かに入れたり、そのまま焼いたり壊したりしてそのものの存在自体を消すことも可能です・・・と、名前の由来はこの星に人がいたときの掃除機の名前からとりました」
ダーク「ちがう、そういう説明じゃない!いつになったら出られるかってことだ!」
ウォッカ「そうですね・・・強いて言うなら、私がその中からあなたを出せる効果のあるカクテルを開発すれば出せます」
ダーク「何!?」
ウォッカ「どうかなさいましたか?」
ダーク「くっそう!!」
ウォッカ「まあまあ、そう焦らずに」
ダーク「これが焦らずにいられるかってんだ!!」
ウォッカ「方法はまだあります」
ダーク「・・・それはなんだ」



ダーク「ん・・・駅かここは」
目の前には列車がありました。鉄道にも見えます。
ウォッカ「この列車に乗れば行きたい所へすぐ行けますよ。過去でも、未来でも…パラレルワールドでも・・・」
ダーク「行ってどうすんだ」
ウォッカ「パラレルワールドへ行き、もう一人の自分へと乗り移るのです・・・」
ダーク「馬鹿、そんなことすれば俺様の強さがなくなっちまうぜ」
ウォッカ「大丈夫ですよ・・・乗り移った体さえ持ってくれれば私の力であなたの力を復元させることができます・・・」
ダーク「そいつの力は?」
ウォッカ「跡形もなく消え去りますよ・・・そして姿ももとのあなたに戻ります。」
ダーク「おもしれえ・・・やってやるぜ」
ウォッカ「この列車でパラレルワールドに行って、「違う世界のダークさん」を見つけて、隙を見て乗り移ってください」
ダーク「方法は?」
ウォッカ「腕輪のあなたじゃまず無理です、よって・・・私もあとでついていきますよ」
ダーク「ほう、そりゃよかったぜじゃあ、さっそく行くか!」
ウォッカ「・・・敵ですよ」
そう言うと入口の階段からぞろぞろとダークマター達が湧き出てきました。
ダーク「やべえじゃねえか・・・!!」
ウォッカ「なんとかします」
そういった後、ウォッカは腕をダークマター達に向けて、振り回しながら伸ばしました。
ブンブンブンブンブン!!
滅茶苦茶に振り回されている長い腕に当たっただけでダークマターは霧になっていきます。
ウォッカ「最新作、ボルノテークです」
ウォッカはポケットから上下で赤と黒に分かれたカクテルを取り出し、投げます。
空中で回転しながら混ぜられたカクテルは紅い色になり、爆発しました。
火の海に包まれたダークマターは消えます。
そして今度は、アルコール100度と書かれたビンを取り出し、一気に口の中へ流し込みます。
ウォッカ「地獄のウォッカ!!」口の中から紅い炎と化した酒が全てのダークマターを焼き払いました。
ゴー・・・パチパチ・・・
ウォッカ「少々派手にやりすぎました」
ダーク「じゃ、行くか」



フーム「さて・・・ドロッチェたちは行ってしまったし、どうしようかしらね」
カービィ「ッポヨ!」
広場の入り口からブンたちが駆け寄ってきます。
ブン「姉ちゃん!俺たちを置いていくなよ!」
トッコリ「まったくだぜ!」
フーム「ごめんなさい、いろいろあったのよ」
カービィ「ポヨー・・・」
メタナイト「ドロッチェ達を追うのだろう?ゼロの仲間を見つけるため・・・」
ブン「?、どうしたんだ?」
メタナイト「まずいな・・・」

続く


今回出てきたカクテルの「ボルノテーク」は 実在するカクテル、「ヴィノテーク」と火山を表す「ボルケーノ」を掛け合わせた造語です。
page view: 1480
この小説を評価する:                   (5)