オトモカービィさんの小説

【しろきつばさだいなぶれいど】登場人物紹介


カービィ
この小説の主人公。次々と現れてくる強敵にプライドを傷つけられるも、諦めずに挑み続ける。コピー能力を使うことが出来、吸い込んだものの能力をコピーすることが出来る。
アディオス
お喋りなバイオスパーク。ダイナソーの子孫ということで、他のバイオスパークよりも実力がずば抜けてはいるが普段はなまけている。戦闘が始まるとメタナイト並みの判断力を見せる。しかし、ドジなためよくミスる。
ケケ
ひょんなことからカービィと一緒に旅をすることとなった猫耳の少女。魔法を使うことが出来るがこの小説では空を飛ぶことぐらいしか出来ない。
デデデ
プププランドの大王。つい最近までは悪がきだったが、カービィが活躍し始めると自分も負けて入られないと仕事熱心な性格に。すこし冷たく、たまに毒舌にもなるが本当は寂しがりや。
ロック
オリカビ。時を操る星の戦士。カービィのようにコピー能力を使うことは出来ない。本当はこいつがいれば一連の事件は起きなかったが、自分は手を出してはいけないと言って全く手を出さない。アリスとは夫婦のような関係。
アリス
オリカビ。自然を操る力を持つが、目が見えなかったり耳が聞こえなかったり歩けなかったり喋れなかったりと多くの障害を持つ。代わりにテレパシーで自分の思いを伝えたり勘が鋭かったりと超人的な能力を得る。ロックとは夫婦のような関係。
ブラスコピー
闇の力を操る裏切り者の星の戦士。特徴といえば赤と黒の不気味な瞳と挑発的な話し方。人に信頼されたり好かれたりはしないが、嫌われたりはする。
ダイナブレイド
アリスの親友である人物の1羽。大きな白い翼を持つ伝説の鳥。町の作物を襲ったりなどの悪事を働くが理由がある様子。人を傷つけるのを極端に嫌うが、巣に近づくものには躊躇無く攻撃する。幻覚を見せる能力もあり普段は幻覚を使って人が近づくのを防いでいる。
page view: 1494
この小説を評価する:                   (0)