とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第37話:ぼくはねむくないよう


■前回までのあらすじ

今回のはなんか怖いですよ。気をつけて!

--------------------------------------------

第37話:ぼくはねむくないよう

作者H「ドラクエのレベル上げやりながらやっていいすかwww」

作者T「僕も作業してるのでお構いなくwwww」

テキトーな作者たちである。

カービィ「ぼくねむくないよう」

グーイ「ねむくしてあげる」

ほわったぁ!

カービィ「ぐはぁ!!」

カービィ「お、お前、いったい何をした!?」

作者H「おっしゃメタルキング三匹キタコレwww」

作者T「わざわざ報告せんでええわwww」

グーイ「ククク……」

グーイ「これから貴様は夢の世界を旅することになるのだ!」

カービィ「…なん…だって…」

カービィ「zzz」

グーイ「あちらでのタヒは現実でのタヒ! さあ、生きて帰ってこれるかな!?」




カービィ「…ここはどこ?」

デデデ「ああああああああああああああああ!!」

突如デデデが振ってきた!

カービィ「いやぁぁああ;」

ずずぅぅうん

間一髪

カービィは危機を回避した。

カービィ「あ、危なかった……」

カービィ「あ、あれは!」

リボン「カービィ!会いたかったわ!」

カービィに駆け寄ってくるリボン

カービィ「リボンだぁ♪ わーい、リボーン♪」

しかしリボンはノコギリを持っていた!!

リボン「タヒんじゃえ……!」

ぎゅいーーーん

カービィの頭をギザギザ刃が掠める

リボン「チッ……外したか!」

カービィ「なんでこんなことするんだよう!!」

リボン「それは、ね……

えっひゃひゃhyひゃっひゃ!!」

リボンのノコギリがカービィを狙う!!

カービィは仕方なくリボンに当て身の一撃を放った!

カービィ「はぁ、はぁ……」

リボン「……クク……」

リボンの全身が激しく発光したかと思うと、

なんと爆音とともに弾け飛んだ!

ずっどおおおおおおおおおおおおおおおん

カービィ「うおおおおおおおおおおおお!!!!」

熱と爆風に捲かれながら吹き飛ぶカービィ。

がんっ

何かにぶつかってクッションになりました

カービィ「助かったよう」

そう言ってその場を立ち去ろうとすると

自分が何やら大きな物体の上に乗っていることに気が付きました

リボン「カービィィ」

大きな物体は巨大化したリボンだった!!

がしっ

リボンの右手に捕まったカービィ

リボン「つカ、ま、エタ……ひゃはああ」

リボンは右手に力を込めると、カービィが絶叫します

カービィ「ぎゃああああああああああああ!!!!!!」

リボン「ずぅっと一緒にいましょうねぇ

えへ……えはっ、えはぁ」

カービィ「やめてええええっ・・・!!!」

ゴゴゴゴゴ

巨大リボンは土の中へと沈んでいく!

カービィも土の中へご招待されました



オオオォオオオオ…

周囲から怨念渦巻く声が聞こえてきます

気が付くと、リボンの姿はありませんでした

カービィ「助かった……でも、ここはどこだろう」

???「ここは夢の世界の最下層」

カービィ「誰!?」

ノディ「……君が無事目を覚ますためには、最上層を目指さなければならない」

ノディがそう言うと同時に、大きな大きな螺旋階段が

カービィの周囲に現れました。

ノディ「僕はノディ。君の夢の案内人さ」

カービィ「そんなこと言って、また僕を襲うつもりなんだ……!」

カービィは疑心暗鬼になっていました

ノディ「まあ信じるも信じないも、君の自由だ。

とりあえず、君が、ここに居ることができる時間はあとわずかだったりするんだよね」

なんと

足場が少しずつ崩れ去っていきます!

ずごごごごご

カービィは否応無しに階段を駆け上がります

ノディ「そうそう、それでいい。

時が経てば経つほど、下の階層は消滅していく。

悠久の奈落に落ちたくなければ、必死に上を目指すことだ。じゃあね……」

そう言うとノディの姿は見えなくなりました。

カービィは必死に階段を駆け上がると、

大きな扉が見えてきました。

ギィイイイッ

扉はカービィを歓迎するかのように、ひとりでに開きました

カービィは考える間もなく、扉に入っていきます

カービィ「ハァハァ……」

奥に存在したのは、誰もいない、殺風景な部屋でした。

唯一つあるのは、カービィの目の前にある文字の書かれたプレート。

プレートにはこう書かれていました。

決して天井を見上げてはいけない。

カービィの背筋に緊張が走ります。

カービィ「な、何なの一体……ちっくしょう」

凍りついたままでのしばらくの間

不意に、カービィの頭に水滴が落ちました。

ぴとっ

カービィ「……ッ!!」

思わずカービィはプレートの約束を守らずに、上を見上げてしまい、

そこにはなんと全身が膿んだチュチュの姿が!!

カービィ「ひゃああああああああ」

チュチュ「見ぃたぁなぁ……」

チュチュはカービィに向かってぞろりぞろりとハエをたからせ嫌なにおいを発する触手を伸ばしてきました。

しゅばっ

カービィはなんとか触手を避けますが、

なんと触手はカービィを追跡してきます

逃げても逃げても、触手は追いかけてきます

カービィ「たすけてーーー!!!」

触手は異常なほど伸び、どの部分もまるで蛇のようです。

そうこうしているうちにカービィはチュチュの腐った触手に囲まれてしまいました。

チュチュはただれた顔にニヤリと笑みを浮かべました。

カービィ「ひいいいいいいっ!!!」

チュチュの触手がカービィを捕らえようとした、その刹那!

ドガァア!!

何やら巨大な生き物が壁をぶち破り出現し、その勢いでチュチュを吹っ飛ばしました!

チュチュ「おごおぉっ……」

カービィ「助かった!!」

カービィは巨大な生き物を確認します。

その巨大な生き物……異常な大きさのハムスターは見覚えのある姿をしていましたが、

目は血走っており

鼻から蒸気のような息を噴出しています。

リック「ヒィッス、ヒィッス……

カービィ、

コロ、コロ、カービィ、コロス。

コロスコロコロコロスコロスコロスコロスコロス……」

カービィ「うわあああああああああああああ!!!!」

カービィは全力で逃げ出します

リック「しやぁあはあああ」

リックは強酸の唾液を飛び散らせながら

ものすごい勢いでカービィを追いかけはじめました。

カービィは先ほど

リックがぶち破った壁の穴を通って部屋を脱出しました。

先に続くのは長い長い回廊です。

辺りは薄暗く、あまり先の方まで見通すことができません。

カービィはとにかく走ります

同じような風景が続く中、分かれ道など目もくれず

ひたすら真っ直ぐに走り続けます

カービィ「はぁ、はぁ……」

どうやらリックを撒くことはできたようです。

目の前には頂上の見えない、巨大な塔が。

ノディは言っていました。目を覚ましたければ、最上層へ向かえと……。

塔の入り口には何とエレベーターがありました。

エレベーターに乗り込むカービィ

ひとりでにエレベーターの扉が閉まり、ひとりでに上昇し始めます。

カービィ「やった……このまま最上階まで……!」

しかしエレベーターはガコンと途中で突然止まりました

カービィ「え、なんで……」

エレベーターの上下左右前後6方向から

ミシミシと音を立てながら壁が迫り寄ってきます

カービィ「や……!」

カービィは青ざめ周りを見回しますが

壁が止まる気配は一向にありません。

とうとうエレベーターは、カービィがギリギリ入る程度の大きさにまで狭まってしまいました。

カービィ「つーぶーさーれーるー」

カービィ「ふぎゃ」

カービィの全身が、鉄のひんやりとした感覚に覆われます。

しかしじきにそのようなことを忘れさせるほどの痛みがカービィを襲います。

カービィ「い、いぎぎぎぎぎ」

カービィ「ダメだ……現実なら北斗神拳やらで何とでも出来るのに……!

夢の中だと何もできない……!」

ぷちっ

カービィは潰されてしまいました。

GAME OVER



カービィ「あばびょおおおおん!!」

現実世界のカービィもトマトジュースになりました。

グーイ「散ったか……」





ノディ「楽をしてしまうとあとが怖いことってよくあるよね。

ま、急がば回れってことだね」
 
★CONTINUE
 END

第37話 完