とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第27話:メタナイトの苦悩


■前回までのあらすじ

お久しぶりです。

--------------------------------------------

第27話:メタナイトの苦悩

メタナイトは苦悩していた。

メタナイト「ホーリー・ナイトメア社…」

メタナイト「やつが…やってくる…」

メタナイト「その前に…カービィが自由に
コピー能力を使えるように鍛え上げなければ…」

メタナイトの猛特訓が始まった。

メタナイト「まずは、北斗…百裂拳!!!」

あたたたたたたたたたたたたたたた・・・・

カービィ「ふうぃぃぃ…??」

ずがががががががががががががが!!!

カービィ「かてじなさん!!」

カービィはトマトジュースになりました。

メタナイト「やはり彼は…星の戦士では無かったようだ…」

カービィ「うぅぅ…。」

メタナイトは去っていきました。

アド(外野観戦者)「カービィも大変ねぇ、次はウィスピーと戦うんだっけ?」

ポピーブロスSr(外野観戦者)「そうらしいですねぇ。」

メタナイト「うるさい! 時事ネタはやめろっ!!!

戻ってきました。

ほぉぉぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・・

北斗 七死騎兵斬!!!

カービィ「だめだよぉ、メタナイトの役はもっと落ち着いてなきゃ!」

割って入ったカービィに当たりました。

メタナイト「お前もしゃべるなぁぁぁ!!!!」

ばきぃぃぃぃぃ!!!

カービィ「うわらば!」

カービィは再びトマトジュースになりました。

メタナイト「やはり彼は…星の戦士では無かったようだ…」

メタナイトは去っていきました。

アド(外野観戦者)「カービィって台本覚えるの楽そうね。」

ポピーブロスSr(外野観戦者)「そうですねぇ。」

メタナイト「舞台裏語るなぁぁぁ!!!」

戻ってきました。

北斗 柔破斬!!!

あ〜〜〜〜たたたたたたたたたたたたた

カービィ「だめだよ、メタリン!」

拳はそのままカービィに流れていきました。

ばきぃっ!!!

カービィ「ボラーレビーア!(飛んでいきな。)」

トマトジュースになりました。

アド(外野観戦者)「あったかい…なんか脈打ってるよ…?」

ポピーブロスSr(外野観戦者)「そうですねぇ。」

( ゜▽゜)=◯)`ν゜)・

作者H、発狂

作者T、崩壊

第27話・完