とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第24話:ある桜餅の一日


■前回までのあらすじ

タイガーマイコンジャータッキッtate

--------------------------------------------
第24話:ある桜餅の一日

カービィがあるいていると

なぜか

「力が欲しいか…

ならばくれてやる!」

という声が聞こえてきました。

カービィ「だれだ・・・」

?「我の名はJAVAWalk、

我と共にある者よ、

いざ、世界を滅ぼさん!!」

カービィは変身した!

カービィ「きしゃあぁあぁあああ」

そこに

ワドルディがやってきました。

ワドルディ「らんらんらん♪」

カービィ、ワドルディをハッケソ!

ゴーーーーーーーーッ

ワドルディ「ふげばっ!!!」

カービィの炎に焼かれました。

メタナイト「ついに始まったか…

しかたない、

我が、ミストルティンの槍で

お前を止めてくれよう!」

カービィがそのまま町などを破壊しながら歩いていると

メタナイトが現れました。

メタナイト「そこまでだっ!」

??「力が欲しいか!

力が欲しければ・・・

くれてやる!」

メタナイトは変身した!

カービィ「はぁぁぁやぁぁぁとぉぉぉぉ。」



ダークマターリ=ブラック「ふっふふ…

我がハンプティダンプティで

カービィの力を奪うデス。」

ダークマターリも

遠くから

二人の争いを眺めていました。

カービィ「騎士よ…我に勝てるつもりか?

愚か者め!

我と貴様の

格の違いを知るがいい!」

メタナイト「これで終わりだJAVAWalk!」

メタナイトはミストルティンの槍でカービィを串刺しにしようとしました。

ぱしぃん!

カービィは腹をかっぱさかれました。

カービィ「うぬぬ・・・・

再生できん。。。

おのれ…騎士め!」

カービィは反物質をメタナイトに向かって放出しました。

ずぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!!

メタナイト「かてじなさん!!」

メタナイトは星になりました。

うごきだし〜たぼ〜くのゆめ〜たか〜いやまこ〜えて〜

カービィ「くわっくわっくわっ!

我に勝とうなど

1000万年早いわ!!

くわっくわっくわっ!」

ダークマターリ「ごくろうだったな・・・」

カービィ「ぬ・・・貴様は…?」

ダークマターリ「貴様らが潰しあって弱りきったところを

ボクが頂こうと思っていたのデスが、

こうも上手くいってくれるとは思わなかったザンス。」

カービィの傷が痛みます。

カービィ「ぐっ・・・」

ダークマターリ「さぁ、カービィしゃん。

氏ぬデス!」

アド「まちなさい!」

グーイ「まてぇ!」

アドとグーイがかけつけました。

アド「カービィ、一緒に戦うのよ!」

ダークマターリ「ちょうどいいデス

貴様らの能力も奪ってやるデス。」

グーイ「そうはいかない!いなばのしろうさぎの名にかけて!」

アド「そうよ、QOH、力をかして!」

注:葉っぱ系厳禁

???「力が欲しい?

力が欲しいのなら…

上げましょう!」

????「力が欲しいか?

力が欲しいのなら…

くれてやる!」

二人は変身しました。

ダークマターリ「まとめて、逝けどりにしてやるDeath!」

ダークマターリは波動砲を放ちました。

ずぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!

カービィ「甘いッ!」

カービィは反物質を放ちました。

じゅぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!

カービィの放った反物質は

ダークマターリの波動砲を飲み込みました。

ダークマターリ「たなかさん!!」

ダークマターリは中和されました。

アド「・・・」

グーイ「・・・・・・」

カービィ「・・・なんだ?」

グーイ「カービィさん。

僕らなんのために、

出てきたんでしょう。」


カービィ「それはなぁ・・・

お前を食べるためさァ!」

反物質を投げました

ぽーい

グーイ「とろーぺん!」

アド「ぐぇっ」


カービィ「きしゃぁぁぁぁ!!」

ポップスターは

半日で

消滅したそうです。

第24話 完