とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第12話:天の声


■前回までのあらすじ

誰かオプ作って。

--------------------------------------------

第12話:天の声

酢フィンク酢「さぁ正しい答えを言え…。」

デデデ「続いてるしw」

カービィ「わかんないよう…。」

グーイ「たまにはいいでしょうw」

そんなとき、メタナイトに再び幻聴が訪れました。

声「メタリン、メタリン・・・!!」

メタナイト「これも続いてたんかい!!」

作者:うん。

声「よく考えるのよ!! あなたならわかるわ!!」

メタナイト「おまえが答えろ。」

声「・・・・プーップーッ」

メタナイト「・・・切れたか。」

カービィ「メタナイトが壊れたね。」

グーイ「そうですね。」

デデデ「俺様たちだけ壊れるのは不公平だ!」

ボンカース「そうでカース! ヲレなんかこんなに壊れてるでカース!」

作者H:僕達も壊れてます。

作者T:みんなでコワレマショウ。

カービィ「でもここは、かつら。」

メタナイト「ヲレも欲しいいいワァァァァァァァァァ!!」」

アド「・・・誰か〜、早く答えてよ〜。」

酢フィンク酢「さぁ、早く答えるがいい・・上は大火事、下は大洪水な〜んだ? 」

ボンカース「さっきと問題が変わってるでカース。」

カービィ「君、今良いこと言った!」

アド「うえは〜おおかじ〜、おおみず〜??? わっかんないワー!!」

デデデ「・・・悩むなよ。」

メタナイト「うぬぬ・・・難しいぞ・・・!!」

グーイ「ばかばっか。」

ワド「簡単っスよ。」

アド「ワドルディ、居たの?」

ワド「酷いッスー!! グレてやるッス〜!!」

ワドルディはその場を走り去ってしまいました。

カービィ「あ〜あ。数少ない答えがわかってる人を逃しちゃった。」

グーイ「ぼく、わかりますよ。」

ボンカース「わかるでカースか。 頼りにしてるでカース。」

デデデ「・・・ボンカース。 オマエ最近真面目な。」

ボンカース「ヲ・・・ヲレは真面目じゃないカース!! 皆に不幸を撒き散らすでカース!!」

メタナイト「アホか、氏ね!」

メタナイトが剣を一振りすると、

ボンカースは切れました。

まっぷたつに。

カービィ「ボンカースとポンジュースって似てるよね。」

ボンカース「かちょぷーー!!」

メタナイト「あわれな霊長類だ…。」

ボンカースはトマトジュースになりました。

グーイ「では、答えをいいましょうか。」

カービィ「みそらーめん。」

ちがいます。

グーイ「答えは…。」

グーイ「お」

全員「お…?」

グーイ「ふ」

全員「ふ…?」

デデデ「もったいぶるなよ。」

メタナイト「早く言わんと、切るぞ。」

グーイ「ダメですね、そんなんじゃ。」

メタナイト「じゃかあああしいいいいい!!!!」

スパパパパパパパパパパ

グーイ「無駄だ。」

グーイは剣閃を跳ね返しました。

メタナイト「あばびょぉおおおおおん!!?」

メタナイトは星になりました。

ほ〜し〜に〜な〜れ〜た〜ら〜いぃ〜なぁ〜

3名脱落。

第12話 完