とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第10話:↓┘→↓┘→+P


■前回までのあらすじ

著作権問題がリリースまでに片付かなかったのですが、
僕の権限で収録することと相成りました。

--------------------------------------------
第10話:↓┘→↓┘→+P

カービィ「ぼっくはターイガーしかも強くて…丈夫〜death。」

本物の虎が出てきました。

虎「俺さまの唄を歌う奴は誰だ!?」

カービィ「僕ではありません。」

やったのは、

アイツです。」

虎「あいつだとぉ〜〜?」

((=°Å°=))

虎が振り向くと

そこには

見たこともない不思議な動物が出てきました。

不思議な動物「やったのはオレだ〜〜〜〜〜かーびは関係ない〜〜〜」

カービィ「めそ」

ネタが古いです。

虎「お前か!オレの唄を歌ったのは。」

不思議な動物「えぇ、はぐれ刑事は毎回見てるし。ビデオにもとってるよ。」

虎「キンカンぬられたい?」

不思議な動物「うん。」

塗られました。

不思議な動物「液体ムヒより臭いね。」

虎「ほっとけ。」

不思議な動物「じゃあね。」

虎「マテコラ。」

虎は不思議な動物に襲いかかりました。

ブシュー

あらあら不思議、

斬られたはずの不思議な動物は無傷で

逆に虎から出血しているではありませんか。

虎「ぐぉぉぉぉぉぉぉぉおおおんんん!!!」

カービィ「僕はタイガー♪

タイガー魔法瓶」

虎「あ・・・」

不思議な動物「良い子は、おやすみだぁ♪」

ぴゅ〜〜〜〜

脳天から

噴水です。

虎は出血多量で生き絶えました。

カービィ「ぼっくはターイガーしかも強くて…丈夫〜death。」

みなさん

カービィには気をつけましょうね。

第10話:↓┘→↓┘→+P
THE END