とよさんの小説

【あべしでひでぶなものがたり(ひでぶさんと合作)】第8話:償うことさえできずに、今日も痛みを抱き。


■前回までのあらすじ

カービィ「はぁいっ♪」

--------------------------------------------
第8話:償うことさえできずに、今日も痛みを抱き。

カービィ「明日はどっちだ!?」

メタナイトの亡霊「こっちだセニョリータ!!」

そう言って、カービィはなぜかジョギングをしだしました。

メタナイトの亡霊「ヲレを無視するなぁぁ!」

カービィ「そっか、わかったよ!でも、そろそろ逝ってくれ。」

デデデの亡霊「キサマも道連れだぁぁぁぁ!!!!!!!」

カービィ「無駄だ!」

何故か

カービィは足にゴムひもをつけてそう言いました。

だが、なんと亡霊達が合体して行く・・・・!!!

がっちぃーん

合体完了。

デデデ&グーイ「貴様もこの巨大亡霊にはかなうまい!!」

メタナイト「おいおい、ヲレはどこにいるんだ?」

カービィ「どこから沸いて出たグーイ!」

カービィ「グウウウゥゥゥゥゥゥゥゥイィィィィィ!!!!」

グーイ「ぼ、ぼくじゃないよ」

グーイ「ぼ、ぼくじゃないよっこいつが、勝手に…。」

カービィ「か・・・かわいい・・ポッ」

グーイは退きました。

グーイ「お、おまえ…名前はなんて言うんだ?」

メタナイト「カービィ・・

漏れもオマエの事が・・・

す・・・す・・・す・・・

スルメでもくうか?」

カービィ「はぁいっ♪」

だが、カービィはグーイに誘惑されている!

テンプテーションbyグーイ

「そうはさせるか!」

メタナイトは二人の間の見えない糸を

あざやかに切り裂きました。

ちょっきん

カービィ「あ。。ありがとう、めたないとぉぉぉぉぉ;;」

メタナイト「フッ、兄さんと呼んでくれ。」

作者H「やおいに持ってく人は( ゜▽゜)=◯)`ν゜)・です。」

作者T「どうしてこれがやおいなんですか。」

作者同士の葛藤が終わり、カービィ&メタナイトとデデデ&グーイの戦いも終幕を迎える…

つちつちつちつち…

カービィ「つちのこ」

メタナイト「くっ、、、奴らが合体するとこんなに違うものなのか…」

カービィ「みそらーめん」

メタナイト「こうなったら・・・あの秘剣で・・・」

カービィ「でもここは、きょうだ。」

メタナイト「ええい!オマエも協力せんか!」

( ゜▽゜)=◯)’ν゜)・

カービィ「いった〜い、ひどいよっメタナイト!ひどいひどい!!」

カービィは敵についた。

メタナイト「なんだとぉぉぉ〜〜〜!?」

メタナイト史上最大の危機が今・・・

テーマソング『孤独なレ〜スは続い〜てく〜〜〜』

デデデ&グーイ「いでよダークマター!」

しゅっごおおおおぉぉぉぉぉぉ

なんと、空中に空間の裂け目が出来たかと思うと

そこから、あのダークマターがわらわらと出てくるではありませんか!

数体のダークマター達は一斉にメタナイトに襲い掛かりました。

メタナイト「ありえねぇ、ありえねぇよ…。」

声「諦めちゃだめっ、メタリン!」

メタナイト「オ、オヤジ!?」

声「違うわっ、私よ、私!」

メタナイト「誰?」

声「もう、私だってば!」

メタナイト「ごめん、マジ知らない、ってか、こんな時に携帯鳴らさすなやな。」

ダークマター達がメタナイトの目の前まで来ています。

メタナイト「またあとで電話してくれ〜そいじゃな。」

よく見るとバックでカービィが

プラズマ波動弾などでメタナイトを着々と殺そうと応戦しています。

メタナイト「奥義!」

しかし、防御体勢ではないようです。

でるかっっついにっっ!!

メタナイト「うおおおおおおおおお!!!!!!」

メタナイト「真・空!!!」

ずばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばっ!!!

メタナイト「刃導剣!!!!!」

がっしぃぃぃぃぃいぃいん!!!!!!

メタナイトが技の名前を言い終わると同時に

ダークマター達は消滅して行きました。

メタナイト「フッ・・・」

しかし…

メタナイトは技の反動で動けない!!

そこに襲い来るプラズマ波動弾!

メタナイト「ぐっ・・・・」

カービィ「い〜がぢゅ〜!!」

「危ないメタナイト!」

メタナイトは横から何かに突き飛ばされ、

プラズマ波動弾を回避しました。

しかし、誰かがメタナイトの身代わりになってしまいました。

メタナイトもちょうど飛んだ先にあったゴルドーの群れに刺さりました。

メタナイト「いて〜〜〜〜っ・・・誰?」

なんと目の前にはダークマターが。

メタナイト「この後に及んで…いくぞ、奥義っ!」

ダークマター「ボクハヨイダークマターデース」

ダークマター「イッショニヤツラヲタオスデース」

メタナイト「うむ・・・」

メタナイト「うむ・・・いたしかたあるまい」

しかしダークマターはメタをかばったショックで本体の半分ほどが欠けています。

「ザンネンデスガボクハモウイクDEATH。」

メタナイト「逝くな、逝くなダークマターリィィィィィィ!!!!」

( ´∀`)ダークマターリ「グッバイDEATH!」

ダークマターリ「ボクノナマエオボエテクレテ・・・ウレシカッタDEATH・・・」

そう言い残して彼はあっちへ逝きました。

メタナイト「マターーーーーリィィィィィィィィ!!!!!!!!!」

ぷしゅぅぅぅぅぅ

カービィ「8話長いね。」

グーイ「そうですね。」

メタナイト「許さん・・・・」

メタナイト「許さんぞ貴様らッ!!!!

バチバチバチバチ…

怒りのオーラで

辺りの岩石が浮き上がりました。

デデデ&グーイ「何だこの力はっ!!!」

そして…静寂の後に

プツンッ

ゾワッ

メタナイトの頭が金色に光り出しました。

くれぐれも髪の毛ではないことにご注意。

そう、メタナイトはスーパーメタナイトになったのです。

メタナイト「いい加減にしやがれ…このクズやろう。」

デデデ&グーイ「実は俺様は今まで50%の力しか出していないんだ・・・」

「100%の力を試すまたとないチャンス!」

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」

ぶちぶちぶち

デデデ&グーイの上半身の服が裂けました!

北斗のデデデ&グーイの誕生です。

さしものカービィもこれにはビビりました。

解説者H「関係ないけどうちのちかくに北斗こ…( ゜▽゜)=◯)`ν゜)・」

解説者T「公園デスか?」

解説者H「学校death.」

解説者T「北斗高校ですか。」

解説者H「ばれちゃいましたか。」

解説者T「かっけぇ。。w」

解説者T「拳法は必修でしょうね。」

解説者H「でしょうね。」

解説者H「そこに通ってる友達は」

解説者T「今日は皆さんに殺し合いをしてもらいま〜す」

解説者H「やけにガタイいい奴ばっかだし。」

解説者H「ビートたけし現る!!」

解説者T「たけしだったんですか。w」

解説者H「バトルロワイヤルでもそんなこといいます。」

メタナイト「脱線させるな!!」

解説者T「たけしって結構長寿だなぁ・・・」

解説者H「ですね」

解説者H「ゲンチャリでこけても生きてたし」

解説者T「芸能生命が長いです。」

解説者H「あ、そういう意味ですか」

解説者T「たけし軍団とか最近は全然聞かなくなったのに。」

解説者T「親分だけ逝きてますね。」

解説者H「せかいまるみえのおかげでしょう」

メタナイト「どうやら貴様らは長生きできないようだな…。」

メタナイト「奥義!!」

グーイ&デデデ「ま、まてっ、まってくれ・・・・!!!」

メタナイト「いまさら命乞いか…?」

グーイ&デデデ「へへへ、アンタ、金が欲しいんだろ…?」

「ほら、ここにたんまりと・・・・」

メタナイト「気持ちだけ貰っておこうか。」

そう言って懐にそのたんまりある紙を入れました。

カービィ「紙ですか。髪なら欲しかったのに。」

メタナイト「ヲレも欲しいわァァァ!!!!!!!」

メタナイトは剣を十文字に振ると、目の前の空間が歪みました。

ぐにゃりん

次の瞬間

デデデとグーイは分断されていました。

デデデ&グーイ「げちょっぷぁーーーー!!?」

解説者H「星○草さんには見せられませんね…これw」

デデデ&グーイは地面に2つに分かれて落ちると

そのまましゅうううっと消滅してしまいました。

ひゅるるるるるる

メタナイト「終わった・・・・」


メタナイト「いや、まだだったな。」

カービィ「ギクッ!」

なにがまちうけているんでしょう?

それは貴方の心の中に…

第8話:END