星のユービィVさんの小説

【読みきり】ハロウィンの夜の出来事


10月31日はハロウィンだ。
プププランドにもハロウィンの祭りの風習があり、子どもたちはこの日の夜を楽しみにしている。
もちろん、カービィ達もそれは同じだ。

カービィ「今夜はハロウィンの祭りだね!」
ケケ「そうね、すっごく楽しみねー!」
いつものメンバーのうち、子どもたちは夕方の秘密基地に集まっていた。
手元には仮装用の衣装に大きな袋が置いてある。これらを持ち歩き、近所の家を周るのがこの地方での主なやり方だ。
リボン「…ところで、なんて言うんでしたっけ?」
アドレーヌ「【トリック・オア・トリート?】よ。意味は確か『お菓子をくれないとイタズラするぞ?』だったはず」
ミービィ「トリック・オア・トリートメント?」
アドレーヌ「ハイそこーボケかまさなーい」

そして夜。
魔女の仮装やコスプレをしたカービィ達は、ワクワクしながら町の中へと出た。
しかし、今年はいつもと様子が違う。
アオービィ「な、なんか周りが騒がしいわね…」
アカービィ「あぁ……なんかあったのか?」
その時、カービィが持っている携帯通信機に着信が入った。
この通信機はカービィやキービィらが連絡を取り合うために使っている携帯電話型の道具で、メールやインターネット機能もついている。
パービィはコレの複製品をアドレーヌやリボン達のために製造中らしい。
カービィの通信機に来たメッセージは、シービィからのものだった。


―謎のイタズラ事件あり、今年のハロウィン祭は中止。 シービィ―

リボン「ちゅ、中止ですって?」
カービィ「えぇ〜!? せっかく楽しみにしてたのにぃ〜……」
二人はガッカリしたが、ケケはそれどころではないときつく言った。
ケケ「謎のイタズラ事件ってのが気になるわね……」
アドレーヌ「ハロウィンだからイタズラしただけじゃないのかな?」
ケケ「それも考えられるけど…でも見てコレ」
そう言ってケケは通信機のモニターをみんなに見せる。
さっきは気がつかなかったが、イタズラ現場の画像が添付されていた。

そこには、大きな落書きがされたデデデ城が写されている。
アカービィ「おいおい、現場はデデデ城かよ…」
アオービィ「落書きねぇ、犯人の予想は出来たわ。 このプププタウンで絵描きといえばアd」
メタナイト「それはないっ!」
キービィ「どっから沸いてきた!?」

メタナイト「アドレーヌさんのためなら私はどこへでも駆けつける(キリッ」
とりあえず、メタナイトも一緒に今回の事件を探ることにした。
まずは現場検証ということでデデデ城へと向かった。

城の壁に描かれた落書きは、近くで見ると写真よりもひどいものだった。
アドレーヌ「グシャグシャっと塗られた絵の具にかすれた筆の跡……犯人は絵の描き方を全くわかってないみたいね」
カービィ「どうでもいいよそんなこと」
ミービィ「他に気になるところはーっと…オイラよくわかんない」
みんなで手分けして調べたが、犯人の手掛かりは全くつかめなかった。
ついでに町中の人にも聞きこみ調査をした。キービィはこういったことが好きなのか、まるで探偵気取りで進んで聞きこみをしていた。

その甲斐あって、有力な情報が手に入った。
キービィ「ここ最近ね、落書き事件が多発してるんだって。 でね、現場には必ずバナナの皮が残されてるんだってさ」
メタナイト「そうなのか? そういえばデデデ城のとこにもバナナの皮があったなぁ」
さらにキービィが続けようとしたところ、カービィは何かを思い出したかのように言った。

カービィ「それってプランクのことじゃ…」
アドレーヌ「プランク?」
カービィ「うん、鏡の国のプランク。 イタズラ好きでよく僕の前にバナナの皮を出したり落書きしたり……」
しばし、一同は沈黙した。
彼らは長いこと、まるで魂が抜けたかのように立ちすくんでいた。
心の中で同じことを思いながら……




(またくだらない事件だったなぁー……)





END


〜オマケ〜

シービィ「ところでカービィ、お前は携帯通信機の機能をどれだけ使いこなせている?」
カービィ「えーっとね、通話とメール機能にエアライドマシン呼びだし機能……ぐらいかな」
シービィ「おいおい、全部の機能を使いこなせよ。 いいかこのボタンには辺りの地形を調べ地図を作る機能だろ、こっちには音楽プレイヤー、このボタンには……って人の話は最後まで聞かないか!!」



シービィ「だが、アレだな。 確かに長ったらしく話すばかりってのもよくないな。 そうだ、短く伝えたいメッセージを残す練習でもするか。
呟きってので練習するのがいいな。 エアライドなう! ってか、はっはっはっは!」




シービィ「オマケコーナー終わりなう。 また見てなう…っと! よし、これでOKだな!!」
page view: 2090
この小説を評価する:                   (5)