星のユービィVさんの小説

【〜星のカービィと愉快な仲間たち〜】特別編3 カービィ達の学校風景


カービィたちは、1か月に2回だけ学校へ通っている。
といっても学年区別はされておらず、みんな同じ教室で行われているが…。

授業の時間割は以下のとおりである

1時間目:国語
2時間目:理科
中休み(20分)
3時間目:体育(または図工)
昼食の時間(20分)
昼休み(30分)
掃除(10分)
4時間目:算数
5時間目:社会
6時間目:音楽(または保健か家庭科)

学校の校長は特に決められていないが、一応デデデが似た役回りである。
教師は以下の通り。

校長:デデデ
教頭:無し
国語:ブロッキー
理科:パービィ(理科では教師をやっている)
体育(図工):メタナイト
算数:ノディ
社会:クー
音楽(家庭科・保健):チュチュ


ちなみに学校中で成績が最も高いのはシービィ、2番目がパービィである。
この二人は最年長なので行事のときはリーダーになる場合がある。
またクラスのまとめ役もやっているがパービィはまとめ役が苦手なので実質シービィが一番の存在になっている。

アドレーヌとアカービィは遅刻の常習犯。 といってもアドレーヌは寝坊で遅れるのではなく、家のことが忙しくて間に合わないのである。
アカービィは完全に寝坊だが…。

給食の時間になるとハッスルするのはカービィ。
みんなは残したものをカービィにあげるため、残飯が残らない。
(通称給食バキューム)

理科の教師もやっているパービィだが、時々生徒をほったらかしで自分の発明に没頭しすぎるときがあったりする。
こういう時にはライトで顔を照らしてやるのが一番である。

体育は一部の生徒は体操着を着て行う。 ちなみに体操着は一昔前のブルマなどを使用。
ただし女生徒はアカービィに要注意の授業でもある。
一応シービィはアカービィが発狂しないように抑えてはいるが、それでも危険なときがある。
なお休めるのは具合が悪いときだけである。

算数の時間、給食に昼休みや掃除の後であるため、寝てしまう生徒が多いので教師は気をつけなければならない。
特にミービィが真っ先に寝るのでマークする必要がある。
ちなみにアドレーヌに関しては出来る限りの処置を行っている(が相変わらず割り算以降ができないようである)

社会では、主にプププランドの歴史を習う。
ただしポップスター儀を使用する場合はよく注意しておかないと、回して遊ぶ生徒がいるので気をつけること。

音楽は楽器演奏が主流である。
歌を歌うことにすると大抵アカービィのせいで教室が壊滅するので注意しなければならない。


授業は一つ40分、授業と授業の間には5分の準備時間が入る。
総合時間は335分。

生徒総数は27人。
以下が出席番号順である。

1・アオービィ
2・アカービィ
3・アクロ
4・アドレーヌ
5・アポロ
6・イフリーティ
7・ウィスピージュニア
8・オロサ
9・カービィ
10・カイン
11・カパー
12・キービィ
13・キンコ
14・グーイ
15・ケケ
16・シービィ
17・ナゴ
18・ナックルジョー
19・ヌラフ
20・ネリー
21・ノー
22・パービィ
23・バタモン
24・ピッチ
25・ミービィ
26・リック
27・リボン

校舎は1階建てで体育以外はどの教科も教室で行う。
体育は外か体育館でやることが多いが、時々町内マラソンもやっている。

学校のモットーは「よく学び、よく遊ぶ」
登下校中の寄り道や買い食いは行ってはいけない。

以上がプププランド学校についての基本的な内容である。
page view: 1819
この小説を評価する:                   (4)