星のユービィVさんの小説

【パービィ研究所の真夜中スペシャルラジオトーク(小説の裏話)】第2回 幻のキャラクター?


パービィ「ども、真夜中ラジオトークの2回目です。
前回ちょっとしたアクシデントがありながらも、無事に放送を終えることができました。
ちなみにアカービィは死んでおりませんのでご安心ください(まぁあいつは簡単に死ぬようなやつじゃないが)」


パービィ「今回の話は『作者のミスで存在を消されてしまった幻のキャラクター』に関する話です」


パービィ「愉快な仲間たちシリーズ第4話【イタズラがっせん】では、元々新しく登場するはずが、作者の見落としにより登場出来なかった幻のキャラクターが存在したんです。

実は、現在小説保管庫に掲載されている第4話と、MLで皆様の元に送られた第4話には違うところがあるのです。
それは小説後半、アカービィたちがシャービィらに仕返しをするところで…


アカービィ「いいか、やつらを上手く誘いだすんだ。 そしたらキービィが…して、アオービィは…で攻める。 後はみんなで…をすればOK!」
メタナイト「そんなに上手くいくもんかねぇ」
ミービィ「大丈夫だよ、やつらは単純だから。 それに今回は助っ人も用意したからね」


ミービィが発言している『助っ人』が幻のキャラクターのことであります。
(現在保管されているものには助っ人の台詞はない)

そのキャラクターの名前は『シトラビィ』(カラーはシトラス)。

ミービィとキービィの友人であり、変声やモノマネが得意。

元々アカービィの仕返しでは、シャービィたちが追いかけてたアドレーヌは本物ではなく、
キービィが作った操り人形。 そしてその声を声真似でシトラビィが担当という設定であった。

が、元々地味なシトラビィ。 作者にうっかり忘れられ、たった1回の貴重な登場回を逃してしまったのである」


パービィ「ちなみにそいつは俺の助手になるという設定でもあったらしい(作者め…)」


シトラビィ「まぁ番外編シリーズでは活躍するからね、お楽しみに!」
page view: 1747
この小説を評価する:                   (5)