リョーマさんの小説

【BONDS OF FATE】第五話「DEMOLITION」


 彗吾とビューノの対決が始まった!

 彗吾「はあっ!」

 ビューノ「ふん!」

 ガキーーーン!

 彗吾「剣か?」

 ビューノ「ただの剣ではありませんよ?」

 しゅううぅぅーーー・・・。

 彗吾「熱!?しかも鉄まで溶かすか・・・。」

 ビューノ「この剣の刀身は超高温の熱を帯びています。並みの鉄はすぐに溶けますよ?」

 彗吾「ちっ。」

 彗吾は距離をとった。

 ビューノ「そうです、逃げなくては武器が無くなりますからね。」

 彗吾「(このままじゃもちそうにねえ・・・)早く終わらせないとな・・・。」

 ビューノ「この私相手では無理ですよ。」 

 彗吾「やらなきゃわからんぞ?」

 ビューノ「その自身をへし折ってやりますよ!」

 ガン!キン!・・・ガキン!

 ビューノ「ほらほら!」

 彗吾「くっ!」

 雛織「・・・。」

 ビューノ「二対一でもいいんですよ?手間が省けますから。」

 彗吾「余計なお世話だ・・・!」

 ビューノ「その慢心に足元をすくわれますよ。」

 彗吾「お前がな!」

 ビューノ「!?」

 シュッ!

 ビューノ「ぐあああ!?」

 雛織「やった!?」 

 彗吾「いや・・・。」

 ・・・・・・。

 ビューノ「・・・あと3cm深かったら・・・立ててませんでしたよ。」

 彗吾「くっ・・・。」

 彗吾は疲労で片膝をついた。

 雛織「おい!?」

 ビューノ「あれだけの高速移動で体力切れですか、他愛もないですね。」

 彗吾「運動不足なだけだ・・・。」

 ビューノ「あなたは慢心に負けた、それだけです。」

 彗吾「かっこつけやがって・・・。」

 ビューノは彗吾に詰め寄った。

 彗吾「(やばいな・・・これぐらいのピンチはあれ以来だ。誰か助けてくれないかな・・・。)」

 ?「助けてやろうか?」

 彗吾「!?」

 その時、時間が止まったように思えた。

 ビューノ「ぐあっ!!?」

 さっきまで片膝ついた彗吾がビューノの心臓を背中から刺していた。

 雛織「今のは・・・?」

 彗吾「体力も回復してる・・・。」

 雛織は彗吾に近づいた。

 雛織「縮地法を使ったのか?」

 彗吾「使っては・・・ないはずだ。」

 雛織「じゃあ何故・・・後ろに立ってたんだ?」

 彗吾「わからんが・・・逃げるぞ。」 

 雛織「えっ?」

 ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・。

 雛織「崩れかかってる!?」

 彗吾「こっちだ!」

 タッタッタッタッタッ・・・。



 アイレン 門内部 倉庫



 彗吾「これをこうして・・・。」

 ガラガラガラ・・・。

 雛織「シャッターが開いた・・・。」

 彗吾「雛織、ほれヘルメット。」

 雛織「えっ?ああ・・・。」

 彗吾はヘルメットを渡すとバイクに乗り出した!

 彗吾「後ろに乗れ、脱出するぞ!」

 雛織「何バイクに跨ってるのこの人!?運転できるの!?」

 彗吾「一通りはな。」

 疑う雛織だが観念して後ろに乗ったようだ。

 彗吾「しっかり捕まってろよ!」

 雛織「うわああああ!!?」

 ブンブンブンブーーーーーーン・・・!

 彗吾「どうだ?」

 雛織「・・・慣れてきたぞ。」

 ガラガラガラガラ・・・・・・。 

 雛織「あの門崩れてるね・・・。」

 彗吾「燃え盛ってもいるな。」

 雛織「あんたのせいだろ。」

 彗吾「このまま次の町に行くかな。」

 雛織「・・・。」

 門を開放した彗吾達は次の町へバイクを走らせた。
page view: 704
この小説を評価する:                   (0)