リョーマさんの小説

【BONDS OF FATE】第四話「INCURSION」




 アイレン 門内部



 部下1「侵入者だーーー!!!」

 部下2「返り討ちにするぞ!」

 全部下「おおーーー!!!」

 彗吾「ぞろぞろいるな。」

 雛織「頂上に行けばいいのか?」

 彗吾「多分な。」

 雛織「・・・。」

 彗吾「行けばわかるだろ。」

 雛織「わかった。」

 部下1「死にさらせーーーーー!」

 会話途中、部下1が雛織に襲い掛かる。

 雛織「『ヨーヨーハンマー』!」

 部下1「ぐあっ!」

 部下2「反対側は隙だらけだ!」

 雛織「見せてるだけ、『ヨーヨーランス』!」

 部下2「げほっ!」

 部下1は頭を、部下2は腹にヨーヨーを受けて倒れた。

 彗吾「手首の弾きだけで操ってるのか・・・。」

 雛織「凄いか?」

 彗吾「そうだな。」

 部下達「ああああーーーーーー!!」

 彗吾「進みながら倒すぞ。」

 雛織「はいはい。」 

 部下3「殺す!」

 部下3は彗吾に一太刀浴びさせるが、

 部下3「ん?」

 ・・・。

 彗吾「残像だ!」 

 部下3「があああ・・・!」

 雛織「今の何?」 

 雛織は今のを見て驚く。

 彗吾「『縮地法』といわれる高速移動術だ。爺さんに教えてもらった。」

 雛織「へー・・・。」

 部下4「はあああっーーー!」

 雛織「やあっ!」

 雛織は余所見はするが敵は倒していた。

 彗吾「背後は気にせず、さっさと進め。」

 雛織「策でもあるのか?」 

 彗吾「道を塞ぐ。」

 雛織「・・・。」

 彗吾「さっき少し拝借した発火性の高い酒を全体に撒いてっと・・・。」

 部下5「まさか・・・!」

 彗吾「そのまさかだ!」

 彗吾はさっき撒いた酒にライターを投げつけた。

 部下5「うわあああああ!!!」

 彗吾「さっ、行くぞ。あんまりもちそうにないし。」

 雛織「あんた鬼だろ・・・。」

 彗吾「さあ何の事やら。」

 彗吾の策?で背後からの敵を気にする必要がなく、ガンガン前へ進んだ。



 アイレン 門内部 広間



 彗吾「広いな・・・。」

 雛織「誰かいるぞ。」

 ?「ようこそわが部屋へ。私はビューノ、門から東を取り仕切る者です。派手にやってくれたおかげで、あの方に面目が立ちようがないですね。」

 彗吾「・・・御託はいいから来いよ。」 

 ビューノ「ええ行きますよ。この失態、貴方の命で償わさしていただきます。」

 彗吾「そんな安い首じゃねよ。」

 ビューノ「では・・・!」

 彗吾「雛織は下がってろよ!」

 彗吾とビューノの戦いが始まる!
page view: 739
この小説を評価する:                   (0)